Sponsored Links

8月2日21時30分に発表されます。

個人消費のうち変動の大きい食品・エネルギーを除いた個人消費の物価動向を示す経済指標です。

個人所得と個人消費支出の対前月比が注目されます。

また、所得の構成項目(賃金給与、賃貸収入、利子配当等)や可処分所得・貯蓄率なども同時に発表されます。

アメリカ個人消費支出は、アメリカのGDPの7割を占めると言われる個人消費を把握するのに欠かせない経済指標の1つです。

その動向はFRBの金融政策だけではなく外国為替市場にも大きな影響を及ぼします。

Sponsored Links