Sponsored Links

〇国内のFX業者でも海外のFX業者の違い
国内FXでも海外FXでも基本的なサービスにあまり違いはないのですが、
・国内のFX業者はユーザーが損をすると儲かる。
・国内のFX業者の個人でのレバレッジは25倍まで(有名)
・海外FXには追証がない業者がある(口座がマイナスになったらFX業者が負担)
2つ目は知っている人は多いと思いますが、1つ目は知らない人が多いのでは?

〇国内のFX業者はユーザーが損をすると儲かる。
国内のほとんどのFX業者は為替の売買方式が「店頭取引(DD取引)」という方式をとっています。
これは、ユーザーから注文があっても国内のFX業者は実際には注文通りには行わずに呑んでいるのです。
そしてユーザーに儲けが出る注文だったら払うし、損をしたら損した分を業者の儲けとしているのです。
日本のFX業者は、ユーザーが儲ければ損をして、ユーザーが損をすると儲かるのです。
一方、海外のFX業者は「ノンディラーデスク(NDD取引)」ディラーつまり仲介者が介在しない取引方式をとっているため、ユーザーが注文をしたら銀行間の取引市場で本当に外貨の購入をします。
そのかわりに売買に対して手数料を取ります。
つまり、海外FX業者はユーザーに儲けて取引量を増やしてほしいのです。
そして、ユーザーに儲けてもらうために国内のFX業者にはないさまざまなサービスがあります。
それに対して、日本のFX業者はユーザーに損をさせようと色々な手を使ってきます。
その代表が自社開発の独自取引ツールです。
さも、高性能ですとうたっていますが(確かに高性能なのですが)これがブラックボックスになっています。
ユーザーに損を出させようと操作し放題なのです(あからさまではバレますが)
海外のFX業者は透明性を重視するために、ほとんどがMT4やTraderといった共通の取引ツールを採用しています(国内のFX業者もMT4を扱っているところもありますが)

〇海外FXには追証がない業者がある
国内のFX業者の場合「追証」というものがあります。
追証」とは口座残高以上に大きな損失があった場合、ユーザーにその時の口座残高のマイナス分を請求するシステムです。
しかし、海外のFX業者の中にはユーザーに証拠金以上の費用を請求することはない「追証ゼロ」サービスが基準になっているところがあります。
それがゼロカットシステム。
ゼロカットシステムがある業者は追証を気にすることなく安心して大きくポジションを持てます。

〇じゃあ海外FXに移行するのが正解?
あながちそうとも言い切れません。
日本では当たり前に信託保全がありますが、海外の多くでは義務化されていません。
業者によっては日本語対応しておらず外国語オンリーですし。
ゼロカットシステムがない業者もあります。
口座への入出金にトラブルがあったりもします。
でも、ちゃんとした安心できる海外FX業者は存在します。

しかし以下のようなサイトも存在します。

海外に所在する無登録業者とのFX取引等にご注意ください!:財務省関東財務局

Sponsored Links