Sponsored Links

〇FXのメリット

レバレッジ効果により少額で大きな取引が可能

FX最大のメリットはレバレッジ効果を活かして、少額の元手(証拠金)で大きな取引が可能な点です。

現時点で最大で25倍のレバレッジ効果があります(個人の場合)

例えば、10万円がある場合、1倍のレバレッジなら10万円分しか取引できませんが、25倍なら250万円分の取引ができます。

・高い金利

お金を銀行に預けると利息がもらえるように、FXでも金利をもらえます。

日本は現在、超低金利のため、円ではほとんど利息が得られないのが現状です。

方やFXは外貨を扱うためその国の金利が計算されるため、高い金利がもらえるのです。

ちなみに、この外貨と円との金利差をスワップポイントといいます。

(短期で少額の取引の場合スワップは微々たるものですが)

・手数料が比較的安い

FXは他の投資に比べて比較的手数料が安いことがあります。

例えば100万円の取引額の場合、株式投資は500円程度かかり、外貨預金は1000円程度、FXは100円程度となります。

(正確にはFX業者・証券会社によって変わります)

・取引時間の長さ

事実上24時間動いているので、24時間取引が可能です。(土日などを除く)

〇FXのデメリット

・価格が急変動する

政治や経済事情など様々な現象やニュースに影響を受けて(経済指標発表時など)、急激に上がったり下がったりすることがあります。

そのため、あまりにも急激に思惑と逆の動きをした場合に対応できず、大きな損失をだす可能性があります。

レバレッジのリスク

小さな元手で大きく儲けられる反面、大きな損失をだすリスクがあります。

金利の変動

金利の高い通貨で安い通貨を買う場合には、逆に金利を支払うことになります。

各国の金利も経済状況で日々変わるため、金利が変動したことにより予想外の損が出る可能性もあります。

流動性が低くなる

極端に取引量が少ない通貨(南アフリカランドなど)があり、利益が出るタイミングで売れなかったり、売れるまでに長い時間がかかってしまう場合があります。

〇結局・・・

FXは大きく儲かることがある反面、大きく損することもあります。FXはリスクがある投資だということをきちんと理解してから始めましょう。

ただ、投資というのはすべてリスクがあると言えます。

価格が急変動することや流動性が低くなることは株取引でもあり得ますし、流動性が低い通貨はFXの世界では一般できではないので、それほど心配する事でもないと思います。

価格の急変動には決済逆指値を入れておけば、ある程度のリスクを回避できます。

経済指標発表は前もって日時が計画されて決まっています。

金利の変動はよほどの長期で大きな金額を投資しない限り大きな金額にはなりません。

(数十万円をかけて数日程度なら十数円という世界)

レバレッジは法改正で今の個人で25倍となって落ち着いた感じですし。

国内でもFXが始まった当初はレバレッジ400倍なんていうのもありました。

海外では今もレバレッジ数百倍なんていうのがありますので、必要ならそちらをどうぞ。

(ただ、日本の金融庁の管轄外なので自己責任で)

FXはデモ口座で試しに取引体験ができますので、そこから入ればそんなには(個人の見解ですので、あしからず)怖がる必要はないでしょう。

Sponsored Links