Sponsored Links

初心者がよく落ちいりやすいのは(自分も初心者ですが)パソコンを立ち上げチャート図を表示したら、すぐエントリーすることです。
プロというかベテランと呼べる人のトレードを見てみると、長い時間待つことが多いです。
(運が良ければ、すぐに絶好のエントリーのチャンスの時もありますが)
チャート図のこの部分がこうなったら、こうゆう風になる可能性が高いから、この部分がこうなるまで待とうと思って待っています。
(この部分がこうなったらの部分はFX商材などの内容によるので割愛させていただきます)
数十分どころの話ではなく数時間、約半日、それ以上本当にそれくらい待ちます。
(エントリーしないこともあります)
1日で絶好のエントリーの機会があるのは多くて数回といわれています。
1日で多くて数回ですから、数時間待つことになります。
「そんなこと言ったって、早くエントリーしたらそれだけ早く多くの利益が出るじゃないか」
そう思っている人は、大きな(巨大な)間違いだと思います。
初心者ほど早くエントリーして、経験を積んで利益を出している人ほど長く待ってからエントリーします。
後から考えてみると、でエントリーしていたら多くの利益が出たのにとは思いません。
その利益を捨ててでも、高確率を求めて(確実なエントリーはありません)待ちます。
「たぶんここがこうなって、こうなるだろうからエントリーしちゃえ」だと思った方に行かない場合が多く、大体負けます
「ここがこうなって、こうなったらダウ理論にかなっているから(例えば)エントリーしよう。そしてこういう状態又はここまでいったらエグジット(決済)しよう。」だと、まぁ根拠がある分、勝つ可能性が高くなります。
「だろう」ではなく「かもしれない(思った方に動かないかもしれない)」です。
交通事故防止の考え方と同じかと。
そんなわけですので、勝つこともあるけど、トータルではボロ負けだという初心者の方は、参考にしてくださいね(^_-)-☆

Sponsored Links