Sponsored Links

チャールズ・ダウという人が提唱した市場での値動きを評価するための理論です。
基本スタンスは「株価はすべての事象を織り込む」というものです。
(ダウ理論はもともと株式の理論なので、株価という表現になります。)
どどのつまり「価格はすべての事象を織り込む」つまるところ「チャートの価格が全て」ということです。
「ダウ理論」は株価だけでなくFXの値動きにも十分通用するものなので、株ではなく為替レートに置き換えてみましょう。

ダウ理論は全部で6つあります(なぜか⑥だけだと勘違いしている人も多数います)

①平均はすべての事象を織り込む
価格に影響を与えるありとあらゆる事象はすべて価格に反映されている。
膨大な情報収集や分析を行なわなければならないファンダメンタルズになど頼らなくともチャートを見たら一目瞭然ということです。

②トレンドには3種類ある
相場は時間軸ごとに個別のトレンドを持っている大きな波の中に中規模、そしてその中に小規模の波すべてが同じ方向の時もあるが、逆行することがある。
ダウ理論では、相場には「主要トレンド」と「二次トレンド」そして「小トレンド」の3つのトレンドがあるとされています。
(1)長期トレンドである「主要トレンド」
1年から数年にわたる長期的なサイクルとなります。
(2)中期トレンドである「二次トレンドor訂正トレンド」
中期トレンドは、約3週間から約3か月続くとされ、長期トレンドの「調整」とみなされます。
(3)短期トレンドである「小トレンド」
約3週間未満の短期的なトレンドで、中期トレンドの「訂正」とみなされます
これらのことは何も日足以上にしか起こることではなく
日足 → 1時間足 → 5分足
でも起こります

③主要トレンドは3段階からなる
第一段階(先行期)
底値圏での買い、天井圏での売り
その後の動きのきっかけになる場所
第二段階(追従期)
ここでやっとトレンドの転換を認識できる流れになってきました。
トレンドフォローのトレードがしやすいところということですね。
相場が分かりやすくなっており、レートが伸びやすい傾向にあります。
第三段階(利食い期)
利益確定の動きが出始める場所。
流れのピーク。
いわゆる「バブル」です。
そして、次の波の流れ第一段階ともいいかえることができます。

③平均は相互に確認される必要がある(なんのこっちゃ?)
複数の指標が相互に同じサインを出している必要がある
つまり、一つじゃなくて、いくつかの買い(売り)のサインがあって、自信をもって認識して買う(売る)ということです

④トレンドは出来高でも確認されなければならない
FXをやるにあたっては、もっともわかりにくい概念です。
トレンド方向にレートが進むと仮定できます。
(FXは買いも売りもあるので厳密には違う)

⑥トレンドは明確なシグナルが発生するまで継続する
多くの人がこれこそが、ダウ理論だと勘違いしています(笑)
高値が切り上がり安値も切り上がると、上昇トレンド
高値が切り下がり安値も切り下がると、下降トレンド
高値と安値が両方同じ切り方でないと明確なシグナルにはならない

 

①~⑤までが考え方で、⑥は定義です
①~⑤までが理解できないと⑥は理解できません(有効活用できません)
FXは株式投資以上に、世界中の投資家を相手にした取引になります。
そのため、欧米の投資家が投資理論の基礎としているダウ理論を知っておくことは非常に重要となります。
有名な理論系では、サイクル理論・エリオット理論・ギャン理論などがありますが、なぜダウ理論を学習する必要があるのでしょうか?
それは、市場参加者の多くが有効だと信じているからです。
FXの相場を動かしているのは人間です。もちろんEAなどの機械でも取引されていますが、そのロジックを考え作成しているのはこれまた人間です。
人間が考えている以上、集団心理として為替の値が動く仕組みはダウ理論が握っているともいえることにもなります。

Sponsored Links