Sponsored Links

近年サラリーマンや主婦の間でもチャレンジする人が増えている投資の一つに、FXが挙げられます。

FXとはForeignExchangeの頭文字を取って作られた日本の造語で、わかりやすく言うと外国通貨を売買することで為替差益を得るものになります。

正確には外国為替証拠金取引と言い、より簡単に言えばお金を両替することで差額を利益とすることができるのです。
例えば、日本円をアメリカドルへ両替し、しばらくしてアメリカドルを日本円へさらに両替することでその時点の為替レートの差だけ利益や損が発生することになります。

1ドル100円だった時にアメリカドルを買い、1ドル110円になった時点で売れば10円の利益を出すことができるのです。

よくFXはギャンブルだと言われることがありますが、市場の動きを注視して様々なチャート分析やファンダメンタルズ分析を行う必要があるため決してギャンブルという訳ではありません。

マーケットの動きに敏感である程度才覚も必要になるため、利益を出すためには極めて高い知識と動きを見極める目が要求される投資なのです。
FXの最大のメリットとしては、手持ちの資金が少なくても大きな金額の取引が可能になるという点が挙げられます。

本来1万円の資金があれば1万円分の取引しかできませんが、レバレッジと呼ばれる倍率がかかるため10倍のレバレッジであれば10万円分の取引ができるようになるのです。

もちろん誰でもレバレッジを自由に設定できるわけではなく、取引口座に入金している資金の額に応じて利用できるレバレッジは異なります。

多くの資金を入金していればレバレッジを大きく利用できますが、少なければ2倍や3倍など低いレバレッジしか利用できません。

これは手持ちの資金が少ないのに大きなレバレッジで取引してしまえば、少し為替レートが動いただけでも非常に大きな損をしてしまい、あっという間に資金が底をついてしまうことになるためです。

こういった損の肥大化を防ぐために、FXにはロスカットという強制的な損きりシステムも準備されています。
FXとは一見すると非常に複雑で難しい世界のようですが、基本的な仕組みさえ理解してしまえば後は経験でどんどん上達していくことができます。

自分の才覚で大きなリターンを得ることも夢ではない投資方法ですが、その分損をしてしまうリスクも非常に高いので実践する場合は十分にシミュレーションや勉強を重ねておくことが大切です。

 



Sponsored Links