Sponsored Links

FXが最近の資産運用方法の一つとして注目されています。

これは、少ない資金でも大きな利益を上げられる可能性があるということで、とくにまだまだ自己資金が十分にあるとはいえない投資の初心者にも注目されているようですが、失敗するようなことはないのでしょうか。

もちろんそんなリスクが皆無であるはずはありません。

失敗するリスクはありますし、初心者であればなおのことです。

どんな投資であってもうまくいくこともあればうまくいかないこともあるのです。
ただ、FXの特徴の一つとして、株式のように株価が上がることで株式市場に参加している全員が得をしたり、逆に株価が下がることで株式市場に参加している全員が損をしたりするようなものではないということが挙げられます。

つまり、ある人が得をすればある人は損をするということですが、ここでいう人とは全世界の人ですから、日本という国に限って物を言えば、多くの人が得をする場面もあれば多くの人が損をする場面というのもあるでしょう。
基本的に、FXでは外国為替相場を予想することで利益を生み出します。

今は円高で、これから円安になりそうだと思えば、円が強いうちに外国通貨を買っておき、円安になったときにその外国通貨を円に戻して利益を得ます。

一方で、今は円安だ、これからは円高が進みそうだと思えば、先に外国通貨を売っておき、円安になったときに買い戻すことで利益を得ることができるのです。
この予想というのは、中長期的な視点で言えば、はっきり言って誰にも正確には予想できませんし、もし完璧に予想できるという人がいればその人は世界一の大金持ちになることも可能です。

そういう人はおらず、誰にも予想などできないのです。コンピューターさえも何の役にも立ちません。
ところが、ごく短期的な値動き、それこそ秒単位、分単位の値動きであれば、中長期的なトレンドとはほとんど何の関係もない値動きを見せます。

一定の振幅で上がったり下がったりを繰り返しているのです。

このミクロの動きをうまく捉えることができれば、誰にでもほぼ確実に利益を手にすることが可能です。

ただし、人間が直接行うには厳しいです。

秒単位、分単位で値動きをモニターし、売買の指示を的確に出すのはこれまた人間業ではありません。

しかし、こちらは実はコンピューターであればできるのです。

ということで、FXの初心者が失敗を避けるためには、このような取引を導入している会社を探すことが第一です。

 





Sponsored Links