Sponsored Links

FXの初心者には、知識が必要で、仕組みを理解している必要があり、そもそも資金が少ないから儲けることはできないのではないかと最初のうちは考えて全く手を出せない分野であると思っている人が多くいます。

始めるにあたり、最低限の知識を身につけ、最低限の仕組みを理解し、ある程度の資金を用意する必要があります。

最初はこれだけで十分で、取引をしていくうちに、いい思いをする時もあれば痛い目を見ることもあるため、まずは最低限の準備だけをすることが初心者にとっては大切です。

FXでは2つのやり方が存在します。

いずれ円安ドル高になると予想した場合、1ドル100円でドルを買い、1ドル110円でドルを売って儲けるというやり方、反対に、円高ドル安になると見越して、1ドル100円でドルを売り、1ドル90円でドルを買うというやり方です。

最初のケースはわかりやすく、100円で買ったものが110円で売れることから10円の得であるというのはわかります。しかし、その逆はわかりにくく、なぜそれで儲けが出るのかわからない人もいます。

こうした売り方を空売りと言い、株などでも見られるやり方です。

この2つのやり方を使って儲けを作り出すことになりますが、初心者の段階では安く買って高く売るということだけに絞るなど、すぐに理解できるものから始めていくことが大切です。

仕組みとして理解しておきたいのは、スプレッド、レバレッジ、スワップ金利です。

スプレッドは売りレートと買いレートの差であり、1単位あたり1銭に満たない額となります。

1万単位のやり取り、だいたい100万円のやり取りをするたびに100円程度かかる形となります。

これを取引手数料替わりに設定している会社が多くなっており、取引の多い円とドルのセットではスプレッドを安くするケースがほとんどです。

レバレッジは少ない資金で大きなお金をやり取りする方法で、10万円であれば、最大の倍率25倍をかければ250万円分のやり取りができるようになります。

儲けも250万円分のやり取りで生み出されたものとなる一方、損失も同様であるため、レバレッジの低いところから始めることが求められます。

スワップ金利は2国間での金利差を示し、金利の高いところの通貨を保有していれば毎月利子を手にすることができます。

スワップ金利を得る方法で楽しむか、デイトレードを行うかは人それぞれですが、初心者の段階では1つのスタイルを一定期間貫いて運用していくことが必要です。

Sponsored Links