Sponsored Links

FXとは?取引方法と、勝ち組になるためのテクニック

FXで成功するには他人が自分の必勝パターンを話したがらない内容を把握しましょう

FXとはどういったものか

FXとは、簡単に言うと、通貨の価値が低いときに大量に購入して、通貨の価値が高くなったタイミングで売却をすることで、利益を得る投資法です。

例えば、1ドルが100円の時に、100万ドルを購入して、1ドルが120円に上がったタイミングで全て売却をすれば、2000万円もの利益となります。

実際には通貨の価値はそれほど大きく変動しませんので、レバレッジをかけたり、取引を何度も繰り返して利益を増やしていきます。

 

まずはデモ口座で練習

いきなり実際の現金で取引するのは車の講習でコースで車を動かさないで、いきなり道路に出て車を運転するようなものです。

まずはデモ口座で、FXの取引はどういったものかつかんでからでも遅くはありません。

だいたいのFX業者ではデモ口座の受付をしています。

それで感覚をつかんだり、取引手法を習得してから実際の口座で実際のお金で取引するのがいいでしょう。

 

FXには口座が必要です

FXの実際の取引を始めるには、まずはFX口座を開設する必要があります。

口座は1つに限る必要はないので、3つくらいは試してみましょう。

キャンペーンがやっていることが多いので、1つのFX会社を3ヶ月以上は試してみるのがよいでしょう。

しかし、キャンペーンの中には、「3ヶ月以内に500ロットの取引で2万円キャッシュバック」というように、達成することが難しいものもあるので、無理してキャンペーンの適用条件を満たす必要はありません。

無理をしてしまったら、キャンペーンで得られるメリットよりも損失のほうがはるかに上回ってしまうこともあります。

 

FXの取引ツールは、FX会社によって異なります

ツールの使いやすさで差がでることもあるので、いくつかのFX会社を試してみて、ツールの使いやすさも比較をしてみましょう。

 

持っているお金以上に取引できるFX

FXのメリットは、レバレッジをかけられるということが1つにあげられます。

しかし、初心者のうちは負けてしまう可能性も高いので、最初はレバレッジは4倍以内におさえておいたほうがよいでしょう。

資金は5千円程度でも始められますが、20万円以上は用意しておくことが理想です。

 

FXの基本

チャートを見ながら、通貨の価値が下がったタイミングで購入をして、チャートが上がりきったと思うタイミングで売却をすることが基本です。

逆に、売却を先に始めることもできます。

 

FXのまとめ

勝ち組になるためには、とりあえずは経験を積むことが重要です。

FXでは株式投資のように専門的な知識は必要ありませんが、最低限の知識と経験は必要になります。

まずはレバレッジを低めに設定して、経験を積むことを重視してみましょう。

経験を積みながら、勝つためのテクニックを学んでいきます。

9割の人は負けているという意見もあります。

人と同じ行動をしていたら、負けてしまう確率が高いということです。

そのため、一般的なサイトや書籍にのっている情報をそのまま真似していても勝てません。

自分なりの勝ちパターンを見つけることが重要です。



Sponsored Links