Sponsored Links

FXとは損切りが非常に重要になる取引です。

為替相場の変動を利用して利益を得る取引ですが、相場が予想とは逆に動いてしまうことも多々あります。

このときに、しばらく様子を見ていれば相場が元に戻るケースも少なくありませんが、そのまま逆方向に動き続けてしまうこともあります。

そのため、個々のケースで決算を行った方が良いかどうかは異なります。

しかし、どこで決算をするかという基準を作らずに、そのときの感覚で決算をしていると損してしまうことが多くなります。

そのため、どの程度マイナスに動いたら決算を行うか基準を作っておき、それに従って取引を行うことを心掛ける必要があります。
これは長期保有の場合にも当てはまります。

長期保有の場合はできるだけ長くポジションを持ち続けることが重要であり、ロスカットが起きないように証拠金を入れておくことが基本になります。

しかし、いくら保有し続けていればスワップポイントが積み重なっていくと言っても、それを上回る相場の下落が続いてしまうとマイナスの方が大きくなります。

長期保有する人の中には、持ち続けていればスワップが貯まっていくので問題ないとしてロスカットにだけ注意をし、相場下落による損失が膨れ上がってしまうようなケースがあります。

長期保有と言っても、相場が下落し続けるのであれば一度決算し、下がり切ったと思われるところでポジションを持ち直した方が利益が出やすくなるので、無理にポジションを抱え続けないように注意しなければなりません。
損切りは初心者は失敗することもあるので、精神的な影響が大きく出るものであることも知っておかなければなりません。

初心者の場合、各社で用意されているデモトレードを利用して取引の感覚を掴むことも少なくありませんが、デモトレードでは仮想通貨を使っているので、実際の取引とは感覚が異なります。

デモトレードで慣れたから実際の取引でも大丈夫だと思っていきなり高額の取引をしてしまうと、現実に損が出てしまうので自分で決めた決算のルール通りに動くことに躊躇いが出て失敗することがあります。

実際の取引を開始する際も、できるだけ少額の取引から始めてルール通りに動けるか確認しておくと良いでしょう。
どうしてもルール通りに動けない場合には、自動で取引を行ってくれるシステムトレードが無料で使える業者もあるので、これを試してみるのも良いでしょう。

選択したルールに基づいて自動で売買を行ってくれるので精神面の影響なく取引ができます。

 



Sponsored Links