Sponsored Links

FXとは外国為替証拠金取引のことを言い、外国通貨を日本円で買う為替取引です。
これは、世界各国で行われるもので、中国元で米ドルを購入したり、米ドルからユーロを買うなど、同様の概念として行われています。
FXはForeign eⅩchangeのFとXをとり、略された言葉で外国ではForexと言われることもあります。
FXの取引は主に証券会社で行われますが、この取引にはリスクが伴います。
リスクとは危険性のことで、金融投資商品であるため、投資元本を割り込む恐れがあります。
また、取引の方法によってそのリスクは増し、損失が膨大となることもあります。
リスクを高める取引方法とは、レバレッジという取引方法であり、投資準備金が10万円であったとしても10倍の100万円の投資が可能で、最高で元金の25倍までの取引が可能となります。
これは資金のテコ入れと言って、自己資金が少なくとも資金のテコ入れにより大きな取引が出来るのです。
レバレッジの倍率は投資家個人で設定できるのですが、投資で複数回利益を出した人の傾向としてリスクをとっても大きな利益を得たいと考えるケースが多いです。
ただし、万が一為替差益でマイナスに転じた場合に損失も25倍受けるため、ハイリスクハイリターンな投資となります。

レバレッジ取引をするための証拠金の不足が生じた場合、追加保証金(追証)が発生します。
レバレッジは株式投資でいう信用取引にあたるため、証券会社等で取引を継続するためには担保となる証拠金が必要であり、為替変動によりマイナスが出た場合、追加保証金が求められます。
万が一、保有する通貨が最低証拠金を下回ると、追加入金にて証拠金維持をしなければ、ロスカットと言って自動決済が行われます。
ロスカットされるまでは含み損であり、ロスカットにて実損が生じます。
FX投資は株式投資のように、該当銘柄の決算状況や業績、財務内容などの複雑な要素に目を向けることなく、単純取引であり、市場での取引は365日、24時間可能であるため、取り組みやすいと考えられています。
しかし、取り組みの容易さから、初心者が大きな損失を出す可能性も高いです。

金融投資は大きなリスクで利益が大きくなるため、リスクをよく理解しなければ投じた資金は市場に回収されます。
市場が常に開いていることはデメリットにつながることもあり、就寝中に為替変動が激しくなることもあるため注意が必要です。
損失が生じたときに巻き返しを図るため、次々と資金を注入してしまうこともあり、FXは他のギャンブル同様に依存性が出ます。

Sponsored Links