Sponsored Links

FXを行う場合に、1万通貨、10万通貨の単位で通貨をやり取りする人がほとんどで、ドルにすれば1万ドル10万ドル、要するに1回の取引で100万円の大金を動かすことになります。

これを可能にさせるのはレバレッジで、日本の場合には最大25倍となり、4万円の自己資金で100万円分の大金を動かすことが可能です。

海外はレバレッジに制限を設定しないところもあり、100倍200倍は当たり前で、1000倍に近いようなレバレッジも可能なところがあります。

つまり、1万円さえあれば1000万円近い取引が可能です。資金が少ない人向けとしては、レバレッジを最大限活用することで少ない資金で儲けを出すことができるようになるため、レバレッジの高いところがおすすめとなります。

しかし、それだけ損も大きく、1ドル1円分の損をしてしまえば10万ドルであれば10万円分の損失を背負うことになります。

儲ける時も損をする時も大きくなることから、特に初心者にはおすすめできないやり方です。

大勝負する前にまずはFXの仕組みを理解してから楽しみたい初心者におすすめなのは通貨単位を下げて取引を行うやり方です。

会社によっては1単位ごと、つまり1ドル1ユーロごとに購入することができるところが存在します。

1単位ごとに変えるメリットとしては損をしたとしても数円単位であり、全くもって影響がなく、少し単位を増やしたとしても損失も利益も多少増える程度です。

まずはFXの仕組みを学ぶことが大切であり、そこで学ぶべきことを学んだうえでFXにおけるスタンスを決めていくことが必要です。

FXでは通貨を持ち続けるとスワップ金利を手にすることができ、毎月金利分がもらえます。

通貨単位が多ければ多いほどもらえる額も変わりますが、いくら金利が高くても、例えば1ドル100円だったものが80円になってしまえばかなりの損失であり、金利分では回収のしようがありません。

こうしたことは頭では分かっていても実際にやってみなければわからないことです。

実際にやってみなければわからないことを100万円1000万円のお金がかかっている段階でやるのはあまりに無謀であると言えます。

だからこそ、安いお金で学ぶことが大切です。

最初から儲けを生み出すということを考えず、長期的な視点に立ち、儲けを出していくという姿勢が大事です。

長期的に持ち続けるのであれば、半年後も同じような水準であればスワップ金利を手にすることができ、単に銀行に預けるよりもお得であるなど、様々な利点を学んでいくことが求められます。

 



Sponsored Links