Sponsored Links

初心者がFXを始める場合、悪いことは言いませんからレバレッジを低く抑えるべきです。

1倍でも構わないくらいですが、さすがに1倍ではあまり意味がないかもしれませんからもう少し高くしてもよいですが、せいぜい2倍から3倍くらいまでに留めておきましょう。

初心者のうちから5倍などにするのはもうかなりのハイリスクと言えます。10倍やそれ以上にするのはほとんど自殺行為です。

 

と、初めに結論めいたことを述べましたが、いったいレバレッジとは何なのかと思った人が多いかもしれません。

これはまさにFXの本質とでも言うべき仕組みでです。どういうものなのか、そしてどうして初心者のうちは2倍や3倍程度の低い数字にしたほうがよいのかを説明していきましょう。

 

FXでは、外国の通貨を取引することで利益を得ることを目指します。

具体例を挙げると、仮に10万円の資金で取引を始めるとしましょう。そしてこの資金で1ドルが100円のときにドルを買います。

10万円をドルに換えると、1000ドルになります。一定期日後、円安が進み1ドル110円になりました。

このときに1000ドルを今度は円に換えます。

すると、11万円となります。最初の資金は10万円だったのですから、差し引き1万円の利益となります。これが外国通貨を取引することによる投資です。

 

実はFXの特徴はこれだけではありません。

レバレッジという倍率を設定することにより、自分の資金にその倍率を掛けただけのお金をいわば借りて運用することができるのです。

仮にレバレッジ10倍とすると、10万円の10倍で100万円のお金を運用できます。

差額の90万円はいわば借り物であることに注意してください。

 

上の例と同じように為替相場が推移したとするとどうなるでしょうか。

1ドル100円で100万円をドルに換えると1万ドルです。

次に1ドル110円のときに1万ドルを円に換えると110万円となります。

ですが、このうち90万円はいわば借り物であったことを忘れてはいけません。

差し引くと20万円が手元に残ります。

元本は10万円であったわけですから、何と10万円の利益です。レバレッジのないときに比べると、レバレッジを10倍にした分、利益も10倍になっていることが分かります。

 

ではレバレッジは高く設定すれば高いほどよいのかというように初心者は誤解しがちなのですが、決してそうではありません。

利益が10倍になるということは、為替相場の動き方によっては損失も10倍になるということなのです。

ですから、初心者のうちは低めの倍率にしておいたほうがよいでしょう。

Sponsored Links