Sponsored Links

FXでは実際に持っている資金以上のお金を動かすことができる「レバレッジ」という仕組みがあります。

レバレッジとは資金に対するてこのような働きをするもので、「レバレッジ25倍」、「レバレッジ100倍」などのように表現されます。

25倍のときは資金の25倍までの通貨の売買を行うことができます。

10万円証拠金を入れていた場合は250万円分の売買が行えます。

現在日本ではレバレッジは25倍までに規制されていますが、海外では1000倍など日本とは比べものにならないくらい高いレバレッジをかけることができるFXブローカーも存在しています。

 

初心者でまず注意しなくてはならないのが、取引を始めるFXブローカーのレバレッジとロスカットに関する仕組みです。

価格変動でマイナスが発生すると、証拠金から引かれていきます。

その結果、持っているポジションで必要とされる証拠金と、実際にある証拠金で、実際にある証拠金が足りなくなってしまうのです。

ロスカットではこれ以上損失が拡大しないように証拠金維持率が一定以下になると、自動的に保有しているポジションを清算する仕組みです。

会社によって、証拠金維持率が100%以下でロスカットが発動するところや50%以下で発動するところなど、設定がまちまちです。

取引するのに必要な証拠金ギリギリで取引をしていると、すぐにロスカットになってしまうことがあるのです。

 

また、取引するFXブローカーによって入出金方法が異なります。

中にはメンテナンス時間によって入金できない時間帯が存在している会社もあります。

いざ取引をしたいときや証拠金を増やしてロスカットを回避したいとき、入金できないと予定通りに取引することができないことがあります。

FXで利益を出すことももちろん目標ではありますが、そのためには取引する会社がどういった仕組みなのか理解しておくことも必要でしょう。

 

始めたばかりでは取引方法や仕組みが難しいと感じることもありますが、経験を重ねていくことによって上達することができます。

リスクを取りすぎないように注意し、資金をしっかりと管理しましょう。

また生活で必要な資金を取引に利用してしまうのは非常に危険です。

取引は必ず余剰資金で行い、すぐに引き出しが必要な資金を利用することはないようにしましょう。

現在大きな利益を出している人も、最初はみんな初心者から始めています。

そして多くの人が失敗も経験していますので、一度の失敗であきらめず、研究することも大切です。

Sponsored Links