Sponsored Links

6月8日(木)には英国総選挙、6月11日(日)にはフランス国民議会選挙が予定されています。
市場参加者の関心が高く、6月8日から6月12日頃にかけて流動性低下により一時的にスプレッドの拡大、レート配信の停止、スリッページの拡大などが発生する可能性があるとのことです。

特にフランス国民議会選挙は週末に行われるため、6月12日(月)のオープン時のレートが週末の終値レートより、大きく乖離する可能性が。

また、流動性低下により一時的にスプレッドの拡大、レート配信の停止、スリッページの拡大などが発生する可能性がるとのことです。

その結果、注文が約定しにくい状況になったり、ロスカットや逆指値注文が想定以上にスリッページして約定する可能性もあり、預託証拠金以上の損失が発生するリスクがあります。

なのでFXは今晩手動決済しEAを止めたいと思います。

EAの再起動は来週の月曜日ですね。

Sponsored Links